家族に対して借金のうしろめたさを感じたくないなら

借金がかさんで債務整理を考えていたのですが、家族に発覚することが不安でした。
本当は任意整理をして借金を処分したかったのですが、その時点でかなりの債務額になっていたため結果的に個人再生以外の方法がありませんでした。
所有していた車は趣味の範囲ということで処分を求められましたが、自宅を処分せずに済んだのは幸運でした。
借金の負担が大幅に軽減されましたし、家族に対して借金のうしろめたさを感じず済むようになったので、債務整理をして良かったです。

カードローンはいざという時の助けになりますが、利用頻度が増えと返しきれない程に借金が膨らんでしまうかもしれません。
多重債務になった場合には、現実的に債務整理の計画を立ててください。
任意整理以外の債務整理を行った場合、法的な手続きを経たうえで借金を減らすことができます。
そのため、複数の債権者からの取り立て行為も止まり、安定した日常を送れるようになります。

一般的に、債務整理は弁護士に頼むことになると思いますが、その時に委任状が必要不可欠になります。
この書類は、弁護士を債務者の代理人としてたてるために必須の書類です。
弁護士と委任契約を結ぶと、弁護士が送った受任通知を業者が受け取ると、法に則って、取り立て行為を止めることができます。
また、弁護士は債務者の権限を受けた代理人となって、相手方と交渉したり、訴訟を行ったりします。

借金の返済が滞ったらすぐに債務整理をするのではなく、まずは今ある全ての借金を「おまとめローン」などで一本化することを優先しましょう。
そもそもの債務額は変わらないとはいえ、ひとつの大きな借金になるので、金利が下がり、利息負担が軽減されます。
面倒だった返済管理も簡単になるので、それぞれの支払期日に振り回されることもなくなるはずです。
おまとめローンが組めなくなってから債務整理の手続きを取るのも遅すぎることはありません。

債務整理は借金の清算に有効な手段ですが、借金をどれだけ減らせるかという点はとても気になるところだと思います。
実際に確認する場合は、弁護士事務所などに相談すると確実です。
とはいえ、そこまでしてもらうのも、と後ろめたく感じてしまうこともあるでしょう。
インターネットで無料の債務整理診断サービスなどが受けられるので、こうしたものを利用して、減額できる目安を知っておくのも一つの手でしょう。

注意してほしいのは、債務整理の際に、真面目に返済をし終わったとしても、その後、ある程度の期間、クレジットカードの申し込みや利用が難しくなります。
債務整理をするとブラックリストに名前が載ってしまいますから、最低でも5年経たなければ、クレジットカードの利用停止が解除されませんし、大手金融機関のキャッシングサービスやローンを使うことは不可能になるため、覚えておいてください。

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせたら、また融資を受けられるようになるかどうかは、重要な問題でしょう。
これについては、債務整理が終わった後、しばらくはお金を借りることはできません。
このような債務整理の事実は、金融事故になってしまい最低でも5年間は信用情報機関にこの情報が残ってしまうでしょう。
ですから、ETCカードや分割払いで高額の商品を購入することも簡単にはいかなくなるでしょう。

債務整理の際に、思わぬ切り札になるのが過払い金です。
過払い金とは、高金利で貸された借金の返済分のことを意味します。
最近まで多くの貸金業者がグレージーン金利と呼ばれる高金利でお金を貸し付けていました。

そのため、利用者は高い利息をつけて返済していました。
これが過払い金と呼ばれるものです。
過払い金を返還請求すれば、借金の返済資金に使うことができます。

ブラック状態は避けられない債務整理ですが、任意整理であれば金融機関の各種ローンを利用できるケースがあります。
支払いの意思を放棄しない任意整理の場合、裁判の内容が掲載される官報に名前が載ることもないでしょう。
借りていた業者が違法な金利で貸付を行っていたら、過払い金を請求できますし、そのお金で借金を払い終えることができるかもしれません。

もし、これに該当する人は、ブラックリスト登録者として対応される心配がありません。
クレジットカードそれ自体はとても便利なものですが、使い過ぎると、借金地獄に陥る可能性があります。
こうした場合に行いたいのが債務整理です。

債務整理をすれば、元の債務や利息を減らしてもらったり、毎月の返済額を適正な範囲にして完済に向けて生活を立て直すことができます。
けれども、当然ながら債務整理をすればカードの利用ができなくなりますし、カードで購入したものを会社が引き上げるケースがあります。

参考:ヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所

働き方と稼ぎ力、そして老後のお金

世の中がどう変わるのか、年金はどうなるのか、いつからもらえて自分の老後はどうなるのか。
今までにもお金についての悩みはいろいろありましたが、そんなことを考える年齢になりました。
仕事ばかりでなく毎日の暮らしの奏で、体や頭の衰えを痛いほど感じてこれから先の働き方を考えています。

薬剤師として調剤薬局で働いています。
調剤薬局での仕事の様子をご存知でしょうか?
正社員だと9時間労働のうちの1時間の休憩以外ほぼ一日中立ちっぱなしの動きっぱなしでかなりの激務です。

定年まで勤めても大企業とは違い、大した金額の退職金が出るわけでなく、退職後のお金の計画もどうしたものかと思います。
またそれ以前に今のような働き方を60才の定年までできるとも思えず穏やかに老後を暮すにはどうしたものかと考えています。

現場で働くことができるうちに、暮らしていくのに必要なお金を稼ぎ出す力を付けていかないと・・・
どのような働き方で、どのように稼いで行くかが今のお金に対する最大の課題です。

自分が後何年生きるかが分かれば話は別だが、いったい老後のお金はいくら必要なのだろうか。

漠然と考えることがある。健康な人は70歳を過ぎても仕事をすることも可能だと思うが、殆どの人が体の自由が利かなくなり、思うように仕事が出来なくなると思う。病気で定年を前にリタイアする人もいるだろう。
自分は今のところ健康で普通に体は動くので、会社に勤め毎月給料をいただいているがいくらぐらい月に貯金をするべきか悩むことがある。

独身なので自分以外に必要なお金はいらいが、結婚して子供が出来たらさらにお金が必要になってしまう。
生まれも育ちもお金持ちの家の子であれば、そんな悩みや心配もしなくてすむのだろうか。世の中は景気回復傾向というが、まるで実感がない。

むしろその逆を感じることが多々ある。消費税が3%から5%、5%から8%と徐々にあがっているが
給料が5%、8%と増えたわけでもない。私だけでは無いと思うがお金の心配をしない人は殆どいないのではないだろうか。

もう3年前に完済しましたが、キャッシングを利用してウン10万のお金を借りたことがあります。

最初は本当に必要な分の13万円だったのに生活のためのお金をキャッシングに頼ることも続いてしまいついに限度額まで借りてしまいました。
一人暮らしがきっかけだったけれどもそれは当時の彼と同棲しているときも変わらず、彼にばれないように借入や返済をするのはとても心苦しかったです。
とはいえ完全に借金があることに対して麻痺していたので心苦しくなるのは給料前の金欠になった状態のお金を借りようか迷っていた時と給料日後の返済の時でした。

借りるときも、返済するときもATMを利用するときはカード会社のカードが必要になります。
ですから知っている人から見ればああ、あの会社から借りてるんだ。とばれてしまわないかという周りの目を気にしながら返済をしてきました。
当然彼にもばれないように返済手続きをしなくてはとその数日間は本当に生きた心地がしなかったのを今でも覚えています。
今は借金が全く無く毎月の返済日を気にする必要もなくなり本当に落ち着いた幸せな日々を送っています。

参考サイト:アヴァンスで過払い金請求の無料相談をするならこちら
URL:http://www.fadoi.net/

精神的な問題で借金膨らんでしまったケースも

実際に債務整理を行う人の中には、精神的な問題、特にうつ病を患ったせいで借金が膨らんでしまったというケースも珍しくありません。
働くことができずに借金を繰り返したり、生活が苦しくなって借金していたら支払できない程の借金を抱えてしまったとは、なかなか言い辛いことですから、辛い思いを一人で抱え込みやすいと言えます。
そのために、さらにうつ病が酷くなって、最悪のケースを辿ることもあるのです。

債務整理をしたことが会社に伝わるのではないかと心配して、債務整理することに躊躇いがある人も珍しくありません。
しかし、債務整理したことが会社に知られることは、ほぼありえません。なお、任意整理のケースでは絶対に大丈夫です。
その他の債務整理を行ったとしても、債務整理を依頼した専門家ときちんと話し合い、問題なく手続きが進めば、会社にはバレません。
反対に、多重債務のまま職場にいる方が会社に伝わってしまう危険性があります。

弁護士に債務整理をお願いする際に、委任状が重要になるでしょう。この書類は、弁護士を債務者の代理人としてたてるために使われます。
依頼者が弁護士と委任契約を交わした後には、弁護士が送った受任通知を業者が受け取ると、法に則って、取り立て行為を止めることができます。
また、弁護士は依頼者の代理人として、相手方と交渉したり、訴訟を行ったりします。

任意整理を行う場合、特定の債権者を債務整理の対象から外して債務を処分できます。それゆえ、携帯電話会社への債務を整理しなければ所有する携帯を使い続けられます。
これまで通り新規契約したり、機種変更することができますが、分割払いはできない可能性が高く、機種代は購入時に一括で払わなければなりません。
ですが、過去に携帯電話の料金を払わずにいた場合、このようにはいかないでしょう。

債務整理の際に、車の処分を避けたいのであれば、車のローンはそのままで、任意整理などにすれば、車を残しておけるでしょう。
ただ、債務整理後も車の所有が続けられるかどうかは、車がなければ生活が立ち行かなくなるかどうかという点で判断が変わります。
もし車がなくても問題ないということになると、所有を認められない可能性も高いので、専門家に状況を説明し、車を手放した場合の不利益について訴えましょう。

債務整理の中でも、特定の債権者を外して整理ができる任意整理と違って、これ以外の債務整理では、今ある借金すべてを整理するために手続きをします。
裁判所を通さない任意整理は、債権者との話し合いで和解を進めていきますから、強制的に和解交渉を進めることはできません。
弁護士事務所などを通した方が安心ですが、その時には、後ろめたくても、全ての借金の状況を伝えてください。
申告漏れがあると、信頼できないと思われ、債務整理が上手くいかなくなるかもしれません。

債務整理をすると、ある程度の時間が経過しなければ、借入するのも不可能になります。
この状態は、債務整理の方法によって解除されるまでの時間が変わります。
ですが、毎月の収入が安定していて、さらに、失業の心配がないのなら、審査基準が甘い一部の消費者金融ならば、サービスを受けられる可能性があります。
任意整理をした人であればこの可能性が高いです。さらに、個人再生、自己破産の順で可能性が低くなっていきます。

債務整理の際には信頼できる弁護士を見付けたいものです。まず、依頼したい弁護士の債務整理の費用と実績を確認するようにしてください。
また、費用については、低価格の手付金を売りにしていても、成功報酬など、その他の費用が高く、結果的に高い料金を払わなければならないケースもあります。
ネットなどにある利用者の話や口コミをチェックしてから良さそうな弁護士事務所を探し、実際に無料相談などを受けてみて、信頼感が持てれば、正式に債務整理の手続きを進めてもらいましょう。

債務整理の中でも、裁判所を通す自己破産や個人再生をしたのなら、確実に官報に個人情報が載るでしょう。
官報は国の発行している新聞のようなもののことで、実際に自己破産をした場合だと二度、個人再生をした場合は三度掲載されます。
この期間は約1ヶ月ですが、身近なものではありませんし、官報がキッカケで周囲に発覚することは極めて稀です。
ちなみに、任意整理の場合は裁判所を通していないので、官報は関係ありません。

弁護士などに債務整理の手続きを依頼した場合でも、完了するまで数ヶ月はみておく必要があります。
けれども、債務整理中に借金の金利や延滞損害金が追加されるようなことはないです。
なお、個人再生や任意整理の手続きを取った場合は、まだ返済可能だと判断された債務が残っています。
この残った借金については、金利は発生しません。
ですが、仮に返済日を遅れてしまうようなことになると、この期間の延滞損害金と共に一括請求されたという事例もあるので、返済はきちんと行うようにしましょう。

お金が足りない小心者の私

専業主婦になり7年。
うちはしっかりしたパパがお金の管理をしてるので、食費と生活費を毎月もらい、洋服などは一緒に買いにいくスタンスだ。

でもやっぱりそれでは自由にお金が使えない。
だからといってパパに催促もなかなかしにくい。
社会人期間も短かったため、独身時代に貯めた貯金も底をついた。

子供が小さい今、働きにいくにも求職中では保育園に入れる可能性はほぼないらしい。
そして保育園のお金イコール私が働いたお金になりそう。

どうにかお金を増やせないか色々考える。
自営業なら自分のように働けると考えた。
でも私にできることとは?自分に自信がない私は何も思いつかないし、小心者の私は手を出すのに勇気がいる。

次は最近流行りのNISA?手数料、損すること、色々考え出したら小心者の私は手を出せない。
何か良いことはないか毎日スマホで検索する日々。
宝くじでもあたってほしいと非現実的なことばかりを考える。

なかなか小心者ゆえに手を出せない私。
いつかは殻を抜け出さないと儲けることはできない。
そう自分に言い聞かせてみる。

お金という存在

人はお金が無ければ生きていけません。

お金が無ければ衣食住は保てないし精神的余裕も無くなってしまいます。

後者は今の私も当てはまります。

 

私は今、恥ずかしながら借金をしています。

無職だったわけではありませんが三ヶ月程ほぼ収入が無い時期があり、元々貯金が少なかった私は保険や年金、税金、携帯の料金等の支払いに終われあっという間に貯金は底を尽きてしまいました。

それでも毎月払わなければいけません。

給料が低く、貯金をして上京したいという夢なんて見る余裕も無く、毎月毎月支払いに終われていたある日、車が故障してしまいました。

修理代など手元にあるはずもありません。

 

そして私は生まれて初めて借金をしました。

日々私の頭の中を埋め尽くすのはお金の事です。

どうすればもっとお金が手に入るか、副業をしようか、借金を早く返したい、本当は少しずつでも貯金をしたい、そんな事ばかり考えていて、私はふと思いました。

 

生きる為にお金を稼ぐのに、これではお金を稼ぐ為に生きているのではないかと。

それでも私は、今もお金の事ばかり考えています。

お金の奴隷となってしまっています。

いつかこんな日から抜け出したい、そう願いながら。

参考:債務整理 無料相談
URL:http://www.debtrelieflawyers.net/

 

信用金庫でも農協でも、銀行が対象となる債務整理をすると、当該銀行に本人名義の口座がある場合、凍結という措置が取られるはずです。

凍結する理由は単純で、資産があるときに銀行への債務を相殺できるからです。

けれども例えば自己破産でしたら残高20万円以内の預金は借金の返済に充てなくても良いと定められているため、上限20万円を超えた部分のみが返済に充当されるのです。

 

自己破産や個人再生など裁判所を通じて行う債務整理は自動的にすべての債務を整理対象としますが、裁判所を通さない任意整理の場合は借入先一社ごとに手続きをします。

ですから1件だけ対象とすることもあれば、何件も対象とすることがあります。

概して大幅な減額が見込める債権者を選んで行われるものです。

 

借金があまりないことがわかっている借入先まで交渉に含めると、弁護士や認定司法書士に払う代金がかさんでしまいますから注意が必要です。

個人再生や任意整理といった債務整理では、債務を減額してもらう交渉をするのであり、同じ債務整理でも自己破産とは違って、必ず返済しなければなりません。

ただ、返さなければ、やっと取り付けた和解内容が破棄され(個人再生では再生計画の取消)、その間に発生した遅延賠償も合わせ、全額の一括返済を迫られるでしょう。

 

任意整理の和解や個人再生での再生計画は守らないと、悔やんでも悔やみきれない事態になってしまいます。

司法書士であれば誰でも同じと思ってはいないでしょうか。

認定司法書士でなければいかなる債務整理も取り扱うことは許されていません。

 

そして司法書士に債務整理を依頼する際、任意整理では債権者1人につき借金の合計額が上限140万円までという制限があります。

そのほか、個人再生や自己破産などを行う際は、依頼者の代理人になれる弁護士とは異なり、代理人として司法書士を任命することはできないことになっていますから、依頼主自身が裁判所に行かなければいけません。

 

自己破産の経験があったり、あるいは任意整理だとか個人再生の経験がある人でも、生命保険や医療保険への加入は何の制限も受けません。

一般に保険というのは加入時に個々の信用情報を確認することはないですし、個人再生であれ任意整理であれ、債務整理実績を知られることもないです。

つまり、生命保険の加入は保険料の支払いさえあれば可能なので、債務整理の有無に左右されません。

 

一概に債務整理といっても種類があるのですが、中でも任意整理は裁判所を通さないという特徴があります。

残る2つは個人再生と自己破産ですが、これらはどうしても裁判所の判断を仰ぐことになります。

けれども債務整理を依頼した人間がたびたび裁判所に行く必要はありません。

 

債務整理を依頼した相手が弁護士なら、個人再生はもちろん自己破産でも債務者の代理人として本来は出席すべき手続きを代行できるので、債務者本人の負担はかなり軽くなります。

債務整理を弁護士や司法書士に頼もうとしても、受け付けてもらえないケースがあります。

債務整理の処理実績がない弁護士や司法書士もいますし、自己破産の借金が発生した理由が免責不許可事由に当たるような場合が拒否の対象となりやすいです。

もし前者であれば、近頃よく見かける債務整理専門の法務事務所や法律事務所というのを探せば良いのです。

 

近頃はネットにも情報が多く、24時間いつでも探せますし、費用などの目安もわかります。

返済の催告を無視して金融機関等から訴訟を起こされてからでも、やろうと思えば債務整理はできるものです。

その際とられるのは主にその債権者を交渉相手とする任意整理となり、手続きを開始すると訴訟を取り下げてもらえることもあり、そうなれば差し押さえなどは回避することができます。

 

お互いに減額内容に納得して和解に至った場合は当然ながら訴訟は取り下げになるわけで、和解時の取り決めに従い債務の返済をしていきます。

金融機関が共有している個人信用情報には、債務整理をした履歴が残ることはご存知でしょう。

情報は一般企業には開示されないため、普通は就職に影響はないのですが、稀に例外もあります。

具体的に言うと、銀行や信販系など個人信用情報と切っても切り離せない業界に転職や就職したいときです。

 

もし債務整理後にしっかり完済していたとしても、それだけが原因ではないにしろ、不合格にする可能性も否定できません。

採用する側も全員の信用情報をチェックしているかどうかはわかりませんし、運を天に任せるほかないでしょう。

 

月々の返済が苦しくなり債務整理で生活の立て直しをはかりたいと思ったら、昔は情報がなかったものですが、いまはネットで債務整理の何たるかや相談窓口といった必要な情報を手軽に得られるようになりました。

しかし会社や自宅のパソコンから検索をかけると、履歴が残ってしまうため、借金の状況が他人に知られる危険もあります。

PCのプライベートブラウジング機能を使うか、スマホを使うほうが良いでしょう。

お金の悩みといえば子供の学費

お金の悩みといえば、子供の学費です。

これは、大きな支出です。

何万円の単位ではないのです。

特に大学生の授業料です。

 

ところが、中学生でも海外に研修旅行に行く学校があるのです。

辛いです。

 

これは、高くつきます。

何のために出かけるのかが分かりません。

ただの旅行ではないのでしょうか。

受験した学校に多いことです。

 

旅行費用は、30万円以上です。

洋服代もスーツケース代もあります。

お小遣いもです。

 

円安になってしまったので、その辺も心配です。

高校生までは、国内でいいのではないでしょうか。

昔の人なのでそんなことを考えてしまいます。

 

日本もたくさんよいところがあります。

海外からのお客様は多いです。

今日も中国からのお客様にたくさん会いました。

 

海外の方は、日本に来る。

日本人は海外に行くのです。

デフレで、円高だったので、こんな流れになってしまったようです。

円安が続くと、海外も高くなりますね。

もう、20年ぐらい出かけていません。
参考URL:http://www.stretchyourassets.com/

タクシー代がなくて、歩いた

私がまだ20代初めの頃。

夜道の一人歩きに、全く危機感などもっていませんでした。

 

私が当時母と一緒に住んでいたのは港区。

真夜中でも通りには車が行き交い、道も街灯がともり、人の姿もある。

だから結構安心して、夜中に急にお菓子やアイスクリームが食べたくなってコンビニに行ったり、友達とふらふら夜の街を歩き回ったりして過ごしていました。

 

そんなある日、残業をしていて帰りが遅くなってしまいました。

オフィスがあるのは東京駅のすぐ近く。

家がある港区までは、いつもならバスで3~40分程度。

バスが無い時間なら、JRで田町駅か品川駅まで帰れれば、あとは歩きでなんとかなる。

けれどこの日は、JRの終電も行ってしまい、帰るすべはタクシーしかありませんでした。

 

ところが!お財布の中に千円程度しか入っておらず(給料日前でした)、仕方なく家まで歩くことにしました。

次の日が土曜で会社が休みで良かった…と思いながら。

 

東京駅から港区の家までは、思ったより時間がかかりました。

東京駅を出て、いつもバスで通る道をたどって。

銀座の街を通り、新橋から芝方面を通過し、麻布十番をかすめてようやく高輪のあたり。

 

2時間以上かかっちゃいました。

怖い物知らずだったから、出来たけど。

今ではそんな体力もないし、お金が無かったら、オフィスに泊まっちゃいます。

 

今お金がなくて困っています

今お金がなくて困っています。

というのも子供の学費がかかっているからです。

受験を控えていて、あと1年半、支払いが大変になります。

 

今回も塾からのお知らせが来て、そこには冬期講習の値段が書いてありませんでした。
書いていないってどういうこと?と思ったら冬期講習に向けて懇談があり、その懇談の時に講習の内容や金額などを教えてもらうそうで、その子その子によっておすすめのコースが違うので、金額ももちろん様々です。

 

私の子供の懇談はまだ先なのですが、友人の子供が同じ塾に行っていて、冬期講習126000円ということでした。

え?まだ中学2年生だよ?と確認したのですが、希望している高校のレベルが高いので、今からそれくらいお金をかけて沢山の講習を受けないとダメなようで、びっくりしました。

 

うちの子は出来も悪いうえに高望みの高校を言っているので、懇談で恐ろしい金額の講習を勧められそうで、今から胃が痛いです。

とにかく私のパート代が全て塾代になっていてともすれば教材などを追加で買わされるとお金が足りなくなって、本当にどこから捻出したらいいのかわかりません。

ボーナスも全て塾代になりそうで本当にお金がなくて困っています。

過払い請求 無料相談
参考URL:http://www.indiavisiontv.net/

 

以前に債務整理をしたことがあり、その上でもう一度債務整理をすることを考えた時は、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手続きとなります。

個人再生か自己破産によって債務整理をした人は、二回目に債務整理ができるようになるのはそれから7年後以降です。

一方、任意整理であれば期間は制限されません。

債務整理が二回目となると一回目よりも基本的に認可されにくいもので、その上それが自己破産の場合は、非常に手強くなります。

 

何歳であっても人生をやり直すことができるでしょう。

年齢がいくつであっても債務整理をする上で影響はありません。

仮に債務整理をしてもクレジットカードの使用やローンを組むことが制限される程度で、贅沢は我慢しなければいけないものの、それ以外は平均的に生活を営んでいくことができます。

年配の方であっても5年で何もかも元に戻すことができるので、借金のせいで苦悩している方は何よりもまず債務整理で次の一歩を踏み出しましょう。

 

返せない借金があって債務整理を進めているところで離婚をするならば、その借金が生活費に充当させるものだったなど婚姻生活によって出来たものだったならば財産として分与されることになります。

財産としてカウントするのはプラスのものだけでは無く、マイナスであっても同じく共同財産なのです。

ですが、夫婦の片方が婚姻前から抱えていた借金だったり、その理由がギャンブルなど個人的なものであれば婚姻中に生じた借金だとしても財産分与の対象外です。

 

現段階で存在している利息と将来利息を免除してもらい元金のみに限って返済していく方法が、債務整理の中で任意整理と言われる方法になります。

債権者との話し合いで、折り合いがつけば、利息がない分、支払総額を減らすことができ、月ごとの返済額も減らせます。

元金の額も減らない限りどう考えても返済に苦しむようなケースでは、別の債務整理の方法である個人再生によって手続きを行う事になります。

 

債務整理の経験が一度でもあると、借金が金輪際できなくなるわけではありません。

ブラックリストに事故情報が残っていなければもう一度融資してもらえることもあります。

だからと言って、任意整理中の身でさらに借りようとする事は最も控えるべき行為です。

借りられる見込みがそもそも少ないことと、担当弁護士や司法書士にその情報をキャッチされれば、担当から退かれることもあるでしょう。

 

家族に隠して債務整理をしようとすると難易度は方法次第です。

任意整理にあたっては手続きを全部自分でしようと思わない限りは滅多に家族にはばれないでしょう。

ですが、手続きで世帯収入や資産を公開しなければならない個人再生や自己破産だと、ばれるのを覚悟した方がいいです。

勤務先については、債務整理の方法に何を選ぼうと問題なく内緒にしておけます。

 

借金に伴い保証人になってくれた人がいる場合、保証人にまで債務整理の影響が広がります。

債務整理に選んだ方法に応じてどのような影響となるかは異なり、例えば任意整理や特定調停だったならば書類の記入が必要なだけで保証人に対して返済の請求はされません。

ですが、個人再生や自己破産では、請求が債権者から債務者ではなく保証人にされることも可能となるので、借入金の全ての支払いをその後は保証人がかぶらざるを得なくなります。

 

通称ブラックリスト、つまり、信用情報機関で参照される顧客の事故情報のうち債務整理の記録はいつまで残るのかは、債務整理をするのにどんな方法を選んだかで変わります。

もし、任意整理、個人再生、特定調整をした人なら完済してから5年程度が経過した頃まででしょう。

ですが、自己破産をしたなら裁判所から免責が下りてから7年くらいというのが目安です。

けれども、目安としか言えないので、自分の信用情報がどうなっているのか信用情報機関の情報開示を利用して見てみるのが何より明らかです。

 

負っている全ての債務の返済義務から逃れることができるのが自己破産なのですが、申請したとしても実は免責されないケースも見られます。

と言うのは、良からぬお金の使い方をしていた場合です。

例として、ギャンブル、または、投資に使っていたり、やたらと身にそぐわない買い物を重ねていたりする場合が該当するでしょう。

免責がこうして承認されなければ、他の方法で債務整理を検討しましょう。

 

事故情報の記録が信用機関に残っている期間は、大体5年くらいのようです。

金融業者が個人の金融情報をシェアする機関を信用機関と呼びます。

ローンやクレジットカードの審査時、ここから金融業者は個人情報を得ています。

 

すなわち、債務整理をしてから最低でも5年以上過ぎていないと、住宅ローンを組むことが極めて厳しいでしょう。

返済に困って債務整理をしようかと考えたら、念頭に置いておかなければなりません。

お母さんごめんなさい

大学時代、彼の影響でパチンコへ。

最初は、離れたところでテレビを見たり、携帯をつついたりして彼が終わるのを待っていたんだけど、ある日「カード余ってるから、お前もしてみるか」と。

ビギナーズラックってあるもんですね。

私、なんと人生初のパチンコで11万円も出てしまったんです!

 

それから、地道にバイトしたお金までパチンコへ。

もちろん、そんな夢のような奇蹟ってそうそうあるわけないことで…。

バイト代の給料日まで後2週間もあるのに財布がすっからかん!ってことが度々…。

 

で、ある日、大学への寄付金を集める用紙が学校から配布された時に、閃いちゃいけないことが閃いてしまって。

「あっ、これ使えるかも!」。

 

それ以来、何度か、学長の名前やチューターの名前を拝借して、やれ『研修会のお知らせ』やら、『有料就職セミナーのお知らせ』などをパソコンで作って、ドキドキしながらお母さんに…。

このやり口、私の母には大丈夫だったけど、彼のお母さんは手厳しかった!

 

「これはどうして振り込みじゃないの?」とか「詳細がないじゃない」と…。

当然のことながら、彼は未遂で終わりました。

 

お母さん、こんな娘でごめんなさい!